hdd 修復@情報
hdd 修復@情報

2008年01月08日

hdd 修復の決定版:システムまるごとのバックアップ:プロトン製9200円

hdd 修復@情報ブログの愛読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

私は、正月に私のWindows XP ホーム edition の画面に、インターネットエクスプローラー 7 インストールのお勧めの文が出てきたため、インターネットエクスプローラー 7 をインストールしましたが、いろいろ使いにくい、たとえば、hdd 修復@情報ブログの左サイドバーの「最新記事」「カテゴリ」「リンク」などの大文字が極小文字に変化して読めなくなった、これまでのパスワードを使っても利用できなくなった「SNS」がある、インターネットで別の画面を開くとこれまでの画面が消えやすくなったなどの使いにくさが、発生しています。

私のパソコンの製造元に対策を尋ねると、「今後はインターネットエクスプローラー 7が主流になってくるので、慣れていくか、削除して、インターネットエクスプローラー 6をインストールし直すかです」とのことでした。

「削除して、インターネットエクスプローラー 6をインストールし直しても、うまく動くのは50% の確立です。うまくいかない場合は、パソコンを元に戻すを使います。この場合、バックアップを取っていないものは使えません」と、、、。

私は、前のパソコンは侵入やウイルスでがたがたにされ、最後にはパソコンは少しも動かず、hdd 修復や復旧は全然できず、新しいパソコンを13ヶ月前に買い、現在も使っています。

前のパソコンでは、hdd 修復や復旧が全然できず、貴重なメールアドレスなどを多く失いましたので、新パソコンでは大事なものはほとんどバックアップを取っています。

しかし、全部バックアップを取っているわけではありません。これは、弱ったと思いました。

そして、NIKKEI NET のIT プラス PLUS がお勧めのプロトンの「アクロニス トゥルーイメージ11ホーム」(昨年12月下旬から9200円でダウンロード販売)で、「システムまるごとバックアップ」を取っておけば良かったのにと、思っているしだいです。

転ばぬ先の杖とのうたい文句ですが、転んでからしかありがたみがわからないものですね。

NIKKEI NET のIT プラス PLUS は「システムまるごとバックアップを取っていないと、OS やソフトウエアの再インストールや各種設定作業で一日かかる。システムまるごとバックアップを取っていると、HDD を取り替えるのに数十分、リストア作業に1-2時間必要で、その後すぐ作業ができる」

「バックアップツールを使ったシステムまるごとのバックアップは、今使っているそのままの状態をバックアップし、それをまたパソコンに復元するリストアができる。マイクロソフトの各種オフィスソフトや自分がよく使っているツール類、セキュリティーソフトなどをインストールした完璧な状態をバックアップして保存し、必要に応じてリストアできるということだ。

 この完璧な状態のバックアップファイルさえ残しておけば、たとえHDDがクラッシュしたり、ゴミファイルでシステムが重くなったとしても、即座にもとの完璧な状態に戻せる」と言っています。
posted by とも at 22:08| Comment(33) | TrackBack(0) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

hdd修復を不可能か大低下させる操作とは?

hdd修復を業者に頼む前に、デフラグを実行しない、OS付属の復元ポイントに戻さない、データが消えた後のデータに上書きしない、よほどPCの知識に自信がない限り分解しないことです。このようなことをすれば、hdd修復の可能性が大幅に落ちるか、hdd修復ができなくなるからです。

hddの障害には、比較的hdd修復しやすい論理障害とhdd修復が論理障害より少し難しくなる物理障害があります。

論理障害とは、OSの障害やウイルスによるhddの消失、うっかりしてデータを削除したなどの操作ミスです。うっかりして、外付けハードディスクをフォーマットすることなどです。物理障害とは、hdd自体に機械系や電気回路などの障害が発生したものです。

私は、前のパソコンは5年の内、まともに動いたのは2年半でしたが、よくデフラグをしていましたし、ウイルスにもやられましたし、何故か東南アジアのある国からよく侵入されました。

それにこりて今回は、高機能のパソコンを買いました。買ってもうすぐ一年になりますが、一回も故障しません。高機能のものを買っても運が悪ければすぐ故障しますが、今回は運も良かったようです。
posted by とも at 11:03| Comment(0) | TrackBack(1) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

hdd 修復前の自衛2: ノートパソコンの巻:2.5インチのポータブルHDD・SoftEtherなどで簡単にVPN環境構築

ノートパソコンのhdd 修復前の自衛としては、システム全体を丸ごと2.5インチのポータブルHDDにバックアップしておけば、何らかの異常で動かなくなっても、比較的簡単に復旧が可能です。

ノートパソコンの場合、内蔵HDDのバックアップには、外付けの3.5インチHDDを利用するのが安上がりですが、持ち運ぶのに不便です。

ノートパソコンを持ち歩き、出先でのバックアップや、内蔵HDDに入らないデータを持ち運ぶ場合、2.5インチのポータブルHDDを使うのが便利です。

しかし、2.5インチのポータブルHDDは、容量が100GB〜200GB程度のため、バックアップは問題ないですが、これに入らない巨大データの保存には向かないです。

出先で自宅や会社のパソコンの巨大データにアクセスしたい場合は、SoftEther(Http://www.softether.com/jp/)など簡単にVPN環境を構築できるソフトを購入してVPNを構築すれば、SoftEtherなどで設定したPC同士は、インターネットに接続し電源が入っていれば、社内や家庭内LANと同じようにいつでもどこでもアクセスできます。たとえばSoftEtherのHOME Edition版は1 年間有効で3,780 円。

つまり、ホットスポットなどで接続したノートパソコンから、自宅のパソコンのネットワークにアクセスできるため、自宅と出先でファイルのやりとりなどが出来るようになる。さらには、接続先のパソコンでiTunesを起動し、共有設定をしておけば、外出先のPCで、自宅の音楽ファイルなどを再生することもできます。

とにかく、まえのパソコンはよく故障し、5年のうちまともに動いたのは半分の期間です。私は外人のメールアドレスを2万通ほど持っていましたが、hdd 故障でhdd 修復できずパーにしたのが痛いです。特に2万通のうち親しい外人のメール1500通を失ったのは、悔しいです。

今回はNEC の水冷式のPentium を昨秋買いましたが、音は静かで故障はまだ一回もありません。しかし、前のパソコンでこりているので、hdd 修復前の自衛として、大事な資料は、すぐバックアップを取っています。バックアップをとらない限り、パソコンを閉じません。

さらに、hdd 修復前の自衛として、アプリケーションやツールも、なるべくダウンロードで買わず、郵送で買うようにしています。大事な便利なツールですぐ使いたい場合は、ダウンロードで買いますが、インストールすると、すぐバックアップを取ります。
posted by とも at 17:46| Comment(0) | TrackBack(2) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

hdd 修復前の自衛:自動的にバックアップ:別のハードディスクをパソコンに組み込む

hdd 修復・復旧業界も建設業界と同じで外注が多く、機器を分解するクリーンルームなどを有するラボを持っているのは3社ぐらい、修復・復旧料金が高い、データを修復・復旧できなくとも着手金や検査料を請求される、、、という傾向があります。

そのためには、必要なデータのバックアップは、こまめに取った方が良いです。

パソコンの内部にハードディスクが増設できるだけの空間があれば、コピー元のデータが保存されているハードディスクとは別のハードディスクをパソコンに組み込めば、自動的にバックアップが実行されます。バッチファイルを使用します。引数の指定で、更新ファイルだけをコピーするなどの設定ができます。

hdd 修復・復旧前の自衛手段です。

posted by とも at 10:51| Comment(0) | TrackBack(1) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

パソコンのhdd長持ちのコツ:デフラグやウイルススキャン・XP・電源コード:遅延書き込みエラー

hdd 修復の情報情報というブログを書いていますと、前の有名メーカー製のパソコンを思い出します。買って半年で故障し、買った有名メーカーで修理してもらいました。しかし、まともに動いたのは5年間のうち、合計で半分の期間です。

なぜか、アジアのある国から私のパソコンに侵入されようと、よくされました。

hddの寿命は毎日8時間使って5年間と言われてますが、輸送中の衝撃や製造中のクリーンルームの状態、潤滑剤、良質の磁性体、制御基板等の品質によっても左右されます。結婚や就職と同じように運不運もあり当たりハズレがあります。

しかし、hdd を平均寿命以上もたすには、使用者側の注意も必要です。

また、デフラグやウイルススキャンはhdd に高い負荷をかけますので、起動直後の回転が落ち着いていない状態では、デフラグやウイルススキャンはしないほうが良いです。ウイルススキャンも、回転が落ち着いてから、一回で済ませます。XPでは、デフラグだしないほうが良いです。ウイルススキャン中に突然電源を切ると、多くの不良セクターが発生するので、絶対さけましよう。

さらには、電源を突然引っこ抜くと、hddが故障します。電源コードは足で引っ掛けにくいようにしておきましょう。

遅延書き込みエラーは故障の前兆ですので、なるべく早くhddを交換しましよう。
posted by とも at 02:19| Comment(0) | TrackBack(2) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

hdd修復頼む前にファイルやフォルダ名を忘れないためにメモ:まめなバックアップとhdd 監視ソフトで防衛も

hdd の寿命は、一般的に個人用は毎日8時間使用で3年間、企業のサーバー用は毎日24時間使用で5年間です。寿命の切れる頃に、hdd修復が必要になります。また、高温下で使用すると寿命が短くなり、落下の衝撃でも故障します。hddは短期の寿命で、壊れやすい消耗品です。運が悪ければ、半年でhdd修復が必要になります。

腕に自信のある人は、専門業者に頼まなくとも、また新しいパソコンを買わなくとも、自分で2-3時間でhdd修復ができます。

腕に自信がない場合は、自分でいじくると、かえってややこしくなるので、信頼の置ける専門業者に相談し増しよう。この場合、専門業者が復元しやすいように、hdd修復で復元してもらいたいファイルやフォルダの名を忘れない内に、手帳にメモして、専門業者に見せましよう。また、パソコンの画面にどのような表示が出たか忘れない内に手帳にメモして、専門業者に見せましよう。

一番の手軽なhdd の防衛は、まめに2-3重にバックアップを取ること、またhddの健康状態を常に監視して故障の発生を予測するソフトも使用した方が良いです。
posted by とも at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | hdd 修復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。